ストレス性の胃炎

ストレス性の胃炎

胃の不快感はストレスと関係があるともいわれています。しかしストレスがどのように胃の不調を招くかは知らない方も多いのではないでしょうか。詳しく紹介していきます。

 

ストレスがかかると自律神経が乱れます。自律神経は交感神経と副交感神経の2つの働きがあるのですが、どちらか片方の刺激が長期間続くと影響が出やすくなっています。必要なときにスイッチが切り替わるのが普通で、ストレスがある方はどちらか片方の影響を受けています。

 

特に副交感神経が働くと胃酸が多くなります。そして交感神経が働くと血管が収縮して胃への血流が減少し、胃の働きが低下します。その結果胃の粘膜の分泌量が減り胃が荒れてしまいます。どちらの働きが過剰になっているかで、胃の不調は異なってきます。

 

本来健康な状態だと必要な際に交感神経、副交感神経が働いています。しかし過剰なストレスを受け続けると、このスイッチ機能が落ちてしまうのです。
また、ストレス解消のために暴飲暴食、飲酒、喫煙を繰り返すことも胃の不快症状を進める原因となります。ストレス性胃炎がある方は他の方法で改善することが求められます。これらの原因を取り除かす薬で解消し続けるのは根本的な解決にはなりません。