胃の粘膜が低下する原因

胃の粘膜が低下する原因

頻繁に胃の不快感を訴えるなら、胃薬だけに頼るのではなく、胃の粘膜を低下させる原因も取り除くようにしましょう。胃の表面にはごく薄い粘膜が覆われているのですが、何らかの原因によりこの粘膜が少なく、胃酸の影響を受けやすくなるのです。胃の粘膜の分泌を減らす要因について紹介します。

 

・ ストレス
・ 喫煙
・ 薬の影響
・ 加齢
・ ピロリ菌

 

 

胃の粘膜の分泌は年齢と共に減少する傾向があります。更にピロリ菌に感染していると粘膜が減少し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすいといわれています。症状が進行すれば胃がんにも発展するといいますから、除菌をして胃の働きを高めることも必要です。ストレスはできるだけ減らし、薬を長期的に服用しているなら医師や薬剤師に相談して調節してもらいましょう。

 

年齢的に胃の働きが低下するのは仕方がないことです。胃に負担をかけないよう食事に注意したり、免疫力を高めるように睡眠を十分とって、ストレス対策をしていきましょう。必要なら胃の粘膜の分泌を高める医薬品、胃酸の分泌を抑える薬などが必要なこともあります。
胃の粘膜が低下しやすい方は、原因を取り除きながら必要なときに薬の力を借りるようにしましょう。長期服用が必要なら副作用に注意し、医師や薬剤師に相談してください。