胃酸による影響

胃酸による影響

胃酸の影響を受けやすい方は、市販の胃薬を適切に選ぶと共に、日常生活でも胃酸の影響が出ないよう改善していきましょう。薬を服用すれば胃酸を中和できたり、過剰な胃酸時代を抑えることができます。しかしそれでは根本的な解消とはなりません。胃酸の影響が長期間受け続けば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に発展することもあるのです。

 

本来胃酸は自分の胃を消化してしまうことはありません。それは胃に粘膜があり、薄い膜で胃酸から守っているからです。ただし食生活や生活習慣の乱れで、この粘膜が弱ったり胃酸の分泌が増えてしまうことがあるのです。

 

 

・ お酒の飲みすぎ
・ ストレス
・ 薬の影響
・ 喫煙

 

 

男性の場合は喫煙やお酒などの影響を受けやすいといえるでしょう。それに加えて仕事のストレスを受けやすい人も多くなっています。なかなかストレスが改善できないなら、タバコやお酒を控えたり止めることでも胃を守ることができます。

 

ストレス発散と思い喫煙や飲酒を続けていると、逆に胃を傷つけることもあるのです。適度な飲酒はストレス発散には良いといわれていますが、飲みすぎには十分注意してください。
胃の防御力が落ちれば、それが落ちた部分で胃が荒れたり潰瘍ができたりします。