H2ブロッカー

H2ブロッカー

H2ブロッカーと呼ばれる薬は代表的なものではガスター10があります。元々は病院で処方される薬として利用されてきましたが、1997年より市販薬でも販売できるようになり、薬局や薬店でも買うことができます。病院での治療のように即効性のある胃の不快感の改善として利用されることが多くなっています。

 

胃が痛くなった時、胸焼け、胃のもたれなどに効く薬です。H2ブロッカーは胃酸を分泌しているH2受容体に直接働きかけ、過剰に分泌している胃酸を押さえることができます。これらは胃の壁に存在していおり、不快な症状が出たら服用します。

 

 

成分としてはシメチジン、エンサンラニチジンなどです。医療機関では主に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬として利用されています。胃酸の分泌を抑え荒れた胃を修復させる目的があります。

 

注意したいのが持病をお持ちの方です。比較的副作用は少ない薬なのですが、心臓病や肝臓病など薬を長期服用している方は、飲み合わせに注意する必要があります。必要なら病院で一緒に処方してもらうほうが良いでしょう。また、長期的に服用する薬というよりは、一時的に胃の不快感を取るための薬として利用すべきです。胃酸を長期に渡り押さえすぎると栄養状態が偏ることがあります。